河原文翠の日々是好日

降っても 照っても 日日是好日。泣いても笑っても 今日が一番いい日。

みんなの四字熟語

酔眼朦朧

四 字 熟 語 酔 眼 朦 朧 お酒を飲み過ぎるとこうなる。酔って目がとろんとして、物がボーッと見える。こういう状態を酔眼朦朧という。私は全く酒が飲めないから酔眼で物を見たことはないが、ほんとに二重三重にダブって見えるらしい。このあたりが最高の酔…

時代錯誤

四 字 熟 語 時 代 錯 誤 他人を批判する時には便利な言葉で、「そりゃ君、時代錯誤だよ」と片付けてしまえば、なんとなくこっちが正論めいてくる。 時代遅れの古い考え、慣習、行動など引っくるめて、時代錯誤というレッテルを貼ってしまうのはいかにも現代…

人跡未踏

四 字 熟 語 人 跡 未 踏 旅行記などの宣伝文に、人跡未踏の秘境にわけいる、なんてコピーがあって胸を躍らす読者もいるのだが、テレビのやらせ番組などが、マスコミの話題を賑わすにつれ、どうも人跡未踏も怪しくなってきた。 今までに人が足を踏み入れた跡…

羊頭狗肉

四 字 熟 語 羊 頭 狗 肉 「羊頭を懸けて狗肉を売る」を省略したのが羊頭狗肉である。羊頭とは羊の頭、看板にはそれを掲げ羊の肉を売ると見せかけて、実は狗(いぬ)の肉を売れば、これはインチキの悪徳商法だ。狗は犬のことだが、中国には犬という文字がなく…

君子豹変

四 字 熟 語 君 子 豹 変 節操もなく考えがころころ変わるような人を君子豹変と責め、変わり身の早い言動でずるく立ち回る要領のいい人を、あいつも君子豹変か、とあきれたりする。だからこれは悪いイメージの四字熟語と思うのが普通だが、本来の意味は正反…

猪突猛進

四 字 熟 語 猪 突 猛 進 猪は後退を知らずただひたすら前進するそうで、人間もあとさきのことを考えずにただまっしぐら目的目標に向かって突っ走ることがある。こういう向こうみずな突進主義を猪突猛進という。性格にもよるが、若いうちは誰にもこの傾向が…

不老長寿

四 字 熟 語 不 老 長 寿 この世で避けて通れぬもの二つ、それは死と税金だとという名言があるが、いつまでも老いずに元気で長生きしたいのは人情の然らしむるところ。古来、不老長寿の妙薬を求めて王侯貴族は苦労した。 私のまわりでも、卒寿、白寿の祝いが…

古色蒼然

四 字 熟 語 古 色 蒼 然 骨董品はこれでいいが、それ以外は人も物も古色蒼然でないほうが好ましい。古色は年月を経て古びた色つや、蒼然は古びたさま、どちらも悪い意味ではないのだが、古色蒼然と形容されたとたんに、どことなく古びていけないのだ、とい…