河原文翠の日々是好日

降っても 照っても 日日是好日。泣いても笑っても 今日が一番いい日。

「秋分の日」

二十四節気秋分」は秋の彼岸。

 

 

f:id:bkawahara:20200923105050p:plain


9月22日は「秋分の日」で、二十四節気の「秋分」に入ります。
秋分の日は、昼夜の長さがほぼ同じになる日で、この日を境に日が短くなり、秋の夜長に向かいます。読書の秋や芸術の秋、音楽の秋など、趣味に没頭するのに良いシーズンですね。秋分の日は、雑節の「彼岸」の中日でもあり「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」として国民の祝日になっています。秋の彼岸は、春の彼岸に対して「後の彼岸」「秋彼岸」とも呼ばれます。

 

f:id:bkawahara:20200923105256j:plain

 

そして、七十二候では「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)」になります。雷が鳴らなくなる頃という意味で、春分に始まり夏の間鳴り響いた雷も、秋分には鳴りをひそめます。また、秋分に最も近い戊(つちのえ)の日は、雑節のひとつ、秋の「社日」で「秋社」ともいいます。2020年は秋分の日当日が社日にあたります。秋社では初穂を供えて収穫に感謝する習わしがありますが、各地で行われる行事の形はその土地の神様によって様々です。

 

f:id:bkawahara:20200923105334j:plain

 

紅白の彼岸花


                              紅白の彼岸花

 

自宅庭の彼岸花です。

 

f:id:bkawahara:20200921091945j:plain

f:id:bkawahara:20200921092000j:plain

 

 

小生、アカとかサヨクという言葉が大嫌いで、彼岸花の赤も毛嫌いし、庭の片隅に追いやっていました。偶々今日、けなげにも咲き誇っているのを発見し見入ってしまいました。人間のアカは、これからも大嫌いですが「赤色の花」はイイものですねぇ。

 

f:id:bkawahara:20200921092111j:plain

f:id:bkawahara:20200921092125j:plain

f:id:bkawahara:20200921092138j:plain

f:id:bkawahara:20200921092153j:plain

 

「玄鳥去」 「戻り鰹」 「八朔だんご馬」


ツバメ去って、カツオが戻る秋。豊作を祈願する「八朔

 


9月17日からは七十二候の「玄鳥去(つばめさる)」になります。ツバメが子育てを終え、南へ帰っていく頃。ツバメは民家の軒先などに巣を作るので、親鳥がせっせとヒナにエサを運ぶ姿もよく見られます。ツバメは田畑の害虫を食べてくれる益鳥として昔から親しまれてきましたが、最近は耕作地の減少や、巣作りに適した家屋の減少などで数が減っているそうです。来春も元気な姿がたくさん見られるといいですね。

 

f:id:bkawahara:20200916135328j:plain

f:id:bkawahara:20200916135342j:plain

 

 

さて、9月は「戻り鰹」がおいしい時期です。戻り鰹は、脂がたっぷりとのっているため「トロ鰹」とも呼ばれています。鰹といえば「たたき」ですが、スーパーなどで購入した鰹のたたきもちょっとひと手間で、さらにおいしくなります。サクの状態の鰹のたたきの焼き目に塩を振り、フライパンでもう一度焼きます。熱が加わることで脂がのった鰹の旨みが引き立ち、作りたてに近い味が楽しめます。

 

f:id:bkawahara:20200916135426j:plain

f:id:bkawahara:20200916135438j:plain

 

また、旧暦8月1日は「八月朔日」を略して「八朔」といいます。この時期に田んぼでは早稲(わせ)の穂が実ることから、本格的な収穫を前に「豊作祈願」と「田の実りをお供えする」という意味を込めて、各地で様々な行事が行われていました。
香川県の中・西讃地方では、男の子の健やかな成長を願う行事として「八朔だんご馬」の行事が今も受け継がれています。だんごで勇壮な跳ね駒を作って祝うもので「馬節供」ともいわれています。

 

f:id:bkawahara:20200916135513j:plain

f:id:bkawahara:20200916135525j:plain

 

10歳の小生へ


皆様ありがとうございます。

 

多数の皆さんから、 誕生日お祝いのメッセージを頂き感謝しております。
馬齢を重ねるばかりで恥ずかしい限りですが、老骨に鞭打って更に1年頑張ろうと決意しております。

心和し、気平かなる者は、百福自ら集る。…菜根譚」「一日生きることは、一歩進むことでありたい。…湯川秀樹」これからの1年の「戒めの言葉」です。

添付の写真は、10歳の小生です。

 

f:id:bkawahara:20200912122855j:plain

f:id:bkawahara:20200912122910j:plain

f:id:bkawahara:20200912122921j:plain

 

真っ直ぐに「自分の未来」「日本社会の将来」を信じている姿を見る度に、果たして自分は「その未来・将来」に貢献して来たのかと慚愧の念を禁じ得ません。支那や韓国の様に「強請・集り」中心の社会、朝日新聞・NHKなどの反日マスゴミが「日本を貶める報道」、日教組による「自由と権利のみ主張し、義務と責任は無視する」教育、馬鹿な母親による「過保護で、躾を放棄」した家庭etc、誇るべき「日本の伝統・文化」は消滅の危機に瀕しています。それ等に抗すべく行動して来たのかと悔やんでおります。

これ等の悪影響を受ける前の子供達は、現在も「素直で純真」です。
彼等に「まともな日本社会」を提供するのが「我々大人の責任」だと改めて痛感しています。極く極く微力ではありますが、「日本の伝統・文化」を将来を担う子供達へ引き継ぐ為に「警鐘・発信」を続けたいと決意している次第です。今後とも御指導・御鞭撻賜ることを願っております。

 

f:id:bkawahara:20200912122955j:plain

 

去る5月に、永年尽くしてくれた妻が亡くなり、意気消沈していましたが今一度頑張ろうと本日決意した次第です。
しかし10歳の小生、今と違って可愛いでしょう。(自慢?)

重陽の節供


「菊づくし」と秋の味覚で楽しむ重陽節供

 


9月9日は五節供のひとつ「重陽節供」です。
重陽」とは聞きなれない言葉ですが、良いことを表す陽数(奇数)の中でも一番大きな「9」という陽数が重なるという意味で、9月9日を陽が重なる「重陽節供」と定め、不老長寿や繁栄を願うようになりました。

 

f:id:bkawahara:20200909112541j:plain

 

旧暦の9月9日は今の10月中ごろにあたり、まさに菊の美しい季節でした。重陽節供には邪気を祓う高貴な花とされる菊を用いた行事がたくさんあり「菊の節供」ともいわれています。平安貴族の間では、「菊酒」や菊の「被せ綿(きせわた)」、「菊湯」「菊枕」など、菊を使った「菊づくし」で重陽を祝いました。

 

今の9月9日はまだまだ暑い盛り。でも、菊の花は種類が多く、花屋さんにも通年ありますから、今風にアレンジした「菊づくし」で、重陽節供を楽しんでみてはいかがでしょう。「菊酒」は、本来、菊の花を焼酎に漬け込んだり、菊の花びらを浸した水で仕込んだりしたお酒だそうですが、日本酒に菊の花びらを浮かべて菊酒に見立てて味わってみるのも一興です。湯船に菊の花や葉を浮かべて「菊湯」にするのも簡単にできて風流です。

また、実りの時期でもあるので、重陽節供は収穫祭と結びついていきました。栗ごはんを炊いたり、お餅をついたりして、収穫を祝う習慣があり、「栗の節供」ともいわれています。重陽節供にちなんだ料理で収穫の秋、味覚の秋を堪能しましょう。

今月の万葉集


                                            2020年
                              万 葉 集
                          季 節 の 和 歌

f:id:bkawahara:20200903104644j:plain

                     9月 長月(ながつき)

                              夕月夜
                              心もしのに
                              白露の
                    置くこの庭に
                              こほろぎ鳴くも

                                                                           湯原王(ゆはらのおおきみ)

 

 

                 現代語訳
              夕月夜の 胸が切なくなるばかりに
                        白露の 置くこの庭に
                        こほろぎが鳴いている

 

自宅のサギソウ


                    自宅のサギソウ(鷺草)

 

 

f:id:bkawahara:20200821102409j:plain

 


【サギソウ(鷺草)】

サギソウは、日本各地に生息している球根性のランです。
以前は、北海道や青森以外であれば、全国どこでも見ることができていましたが、近年の乱獲などによって数が激減しています。

 

 

f:id:bkawahara:20200821102448j:plain

f:id:bkawahara:20200821102506j:plain

 

 

【サギソウ(鷺草)の花言葉
『清純』『繊細』『夢でもあなたを想う』という花言葉は、サギソウの真っ白で切れ込みの入った美しい花姿からつけられたそうです

この猛暑の中、一服の清涼剤として愛でています。

 

 

f:id:bkawahara:20200821102542j:plain

f:id:bkawahara:20200821102555j:plain