河原文翠の日々是好日

降っても 照っても 日日是好日。泣いても笑っても 今日が一番いい日。

今月の万葉集


                      2020年
                          万 葉 集
                         季 節 の 和 歌

 

                      7月 文月(ふみづき)

 

f:id:bkawahara:20200705094149j:plain

 

                       天の海に
                       雲の波立ち
                       月の舟
             星の林に
                       漕ぎ隠る見ゆ

                                                           柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

 

 

                      現代語訳
                      天の海に 雲の波が立ち
                      月の舟は 星の林に
                      漕ぎ入り隠れようとしている

 

半夏生


田植えを終える「半夏生」。行事食のひとつは「たこ」

 

7月の和風月名は「文月(ふみづき、ふづき)」。七夕の短冊にちなみ「文披月(ふみひらきづき)」と呼ばれ、そこから転じて「文月」になったといわれます。また、旧暦の7月は稲穂が膨らむころだったので「穂含月(ほふみづき)」「含月(ふくみづき)」から転じたという説もあります。

 

 

f:id:bkawahara:20200702102325j:plain

 

7月2日は、夏至から数えて11日目の雑節「半夏生(はんげしょう)」です。「半夏」とは、「烏柄杓(からすびしゃく)」という薬草のことで、「半夏」が生え始める頃という意味。七十二候でも「半夏生(はんげしょうず)」にあたります。田植えは半夏生に入る前に終わらせないと秋の収穫が減るといわれて、農作業の大切な目安とされてきました。

 

無事に田植えが終わると、水田や神棚に餅やお酒を供え、田の神に感謝する「さなぶり」という行事を行うところもあります。近畿地方では収穫した小麦で「半夏生餅」を作って田の神に供え、関西地方ではたこの足のように大地にしっかり根付くようたこを食べるなど、各地に半夏生ならではの風習があります。たこの旨みをたっぷり炊き込んだたこ飯や、子どもも大好きなたこ焼きなどで季節の行事を楽しんでみるのも良いですね。

 

堤あじさい園


                あじさい園愛媛県四国中央市土居町)

 

 

60種3000株のあじさいが30アールの庭園に咲き乱れる堤あじさい園です。
何とここ、個人(堤さん)のお宅で無料開放されてるんだからありがたい庭園です。

 

f:id:bkawahara:20200628095636j:plain

f:id:bkawahara:20200628095655j:plain

 

お話を聞くと、31年前、奥様が庭に挿し木をしたのを機に隣接する畑を整備して同園を広げていったんだそうですが、車いすが通れる手作りの遊歩道や休憩所も設置されていて至れり尽くせりなのには感服です。場所は、土居I.Cから国道11号線を松山方面(西)へ約2km行くと、左側にファミリーマート土居町店があります。

 

f:id:bkawahara:20200628095745j:plain

f:id:bkawahara:20200628095756j:plain

f:id:bkawahara:20200628095809j:plain

 

その隣に『堤あじさい園』があり、駐車場はファミリーマート土居町店さんが快く貸してくれており、それにも感服した次第です。これだけのあじさいをお世話するのは、並大抵のことではないはず………。毎年、あじさいが咲くのを楽しみにしてくれてる方がいる事が励みで、「気軽に立ち寄って、たくさんの人に見て欲しい………。」そんな堤さんご夫婦の優しい想いに花々が応えるように咲いていました。

 

f:id:bkawahara:20200628095916j:plain

f:id:bkawahara:20200628095928j:plain

f:id:bkawahara:20200628095942j:plain

f:id:bkawahara:20200628095957j:plain

 

「バスで来られる団体客も大歓迎!!みなさん、いつでも寄ってなぁ」と元気いっぱいのご夫婦に大感謝の一日でした。

 

f:id:bkawahara:20200628100107j:plain

f:id:bkawahara:20200628100119j:plain

 

 

 

 

水車


          高知県四万十市中村の安並の水車群

 

 

f:id:bkawahara:20200621102640j:plain

 

水車(すいしゃ)は、川などの水流の力で回転する一種の原動機です。電動機や蒸気機関が普及するまでは、揚水・脱穀・製粉・製糸などに広く使用されていました。現在でも少数ながら水田の揚水用などで見ることができます。揚水用には様々なタイプがあり、有名な物は三連水車などがあります。水流の力により水を水車の横に付けた容器でくみ上げるタイプの物が多く見られます。

 

f:id:bkawahara:20200621102716j:plain

f:id:bkawahara:20200621102729j:plain

f:id:bkawahara:20200621102803j:plain

 

日本では、平安時代の天長6年(829年)良峯安世が諸国に灌漑用水車を作らせたとあります。鎌倉時代の『徒然草』には宇治川沿いの住民が水車を造る話が書かれています。室町時代、15世紀に日本へ来た朝鮮通信使の朴瑞生は日本の農村に水揚水車がある事に驚き、製造法を調査し、本国に報告した事が『朝鮮王朝実録』に記述されており、江戸時代の11回朝鮮通信使においても、同様に日本の水車の普及に驚いた事が記述されています。

 

 

f:id:bkawahara:20200621102835j:plain

f:id:bkawahara:20200621102848j:plain

 

また、動力水車の使用は江戸時代になってからといわれています。白米を食する習慣の広がりと共に、精米・穀物製粉の為に使用されたが、江戸時代後期には工業的原動力としても部分的に使用されました。

高知県四万十市中村には、観光用ですが現存しており、古き日本の農村風景が偲ばれます。また、水車横の紫陽花・秋桜が風情を添えていました。

 

f:id:bkawahara:20200621102918j:plain

 

今月の万葉集


                                                 2020年
                             万 葉 集
                          季 節 の 和 歌

 

 

                                6月 水無月(みなづき)
                                            

 

f:id:bkawahara:20200617090700j:plain

 

                                               大野らに
                                   小雨降りしく
                                   木の下に
                     よりより寄り来
                                   我が思ふ人           

                                                                  柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

 

 

                                      現代語訳
                            大野原に小雨がしきりに降っています
                            木の陰にたまには寄って来てください
                            わたしの恋人よ

 

熊谷寺の紫陽花


                        熊谷寺の紫陽花

 

 

四国八十八ケ所霊場の第八番札所で、普明山真光院と号する熊谷寺です。
ご本尊は千手観世音菩薩とのことです。自宅から近いのでよくお参りに行くのですが、今回は「紫陽花の撮影」も兼ねてのお参りです。

 

f:id:bkawahara:20200612110939j:plain

f:id:bkawahara:20200612110954j:plain

f:id:bkawahara:20200612111006j:plain

紫陽花は咲き始めで元気に咲き誇っていました。本堂の近くで、白装束のお爺さんと出会い、挨拶から話し込むことが出来ました。小生は過去に、四国八十八ケ所参拝を3回結願しているので色々とアドバイスを差し上げました。

「お一人ですか?」とお尋ねすると、「お婆さんは足が悪いので車の中からのお参りです。」とのこと。「お気を付けて」とお別れして山道を降りて駐車場へ行くと、車の中でお婆さんが本堂の方向を向いて手を合わせていました。ご参拝とお爺さんの無事のお帰りを祈っている姿に心を打たれた次第です。
「日本の老夫婦」ってイイものですねぇ。

 

f:id:bkawahara:20200612111048j:plain

f:id:bkawahara:20200612111058j:plain

f:id:bkawahara:20200612111116j:plain

f:id:bkawahara:20200612111127j:plain

 

よしうみバラ公園


                                    「よしうみバラ公園

 

今治市吉海町福田1292「よしうみバラ公園」へ今年も行って来ました。

バラの撮影」と「直売所で苗木の購入」がお目当てです。詳しいアクセスは、瀬戸内しまなみ海道今治IC →大島南IC → 約10分です。バラはほぼ満開でしたが、天気が良すぎてその暑さには参りました。紫外線が燦々と降り注いでおり、その後2~3日は顔や腕が真っ赤に日焼けし、今は皮が剥けている状況です。

 

f:id:bkawahara:20200609104342j:plain

f:id:bkawahara:20200609104356j:plain

f:id:bkawahara:20200609104410j:plain

f:id:bkawahara:20200609104423j:plain

f:id:bkawahara:20200609104441j:plain

 

園内の「つるバラ」を撮影していた処、居合わせた中年の夫婦の夫が「ハサミ出せっ」と言って、バラの枝を切ろうとしていました。そこで「コラっ、これはみんなが見て楽しむものだ。盗るなっ。」と一喝した処、「ワシのする事に文句があるんか?」とハサミを手にしたまま小生に向かって来てくれました。

 

f:id:bkawahara:20200609104516j:plain

f:id:bkawahara:20200609104530j:plain

f:id:bkawahara:20200609104541j:plain

f:id:bkawahara:20200609104553j:plain

f:id:bkawahara:20200609104608j:plain

 

これは「正当防衛」が成立し、久しぶりにボコボコに出来ると喜んで立ち向かったのですが、その剣幕に恐れてか一目散に逃げ出したのです。拍子抜けし残念でしたので、その嫁に「あの阿呆、お前の亭主か?ここへ連れてこい」「バラの窃盗と凶器を持った傷害未遂で現行犯逮捕してやる」と言った処、「ケーサツの方ですが?」との返事。「ど阿呆、そんな事より亭主の不始末を詫びるのが先だろ。」と諭しておきました。

 

f:id:bkawahara:20200609104710j:plain

f:id:bkawahara:20200609104722j:plain

f:id:bkawahara:20200609104734j:plain

f:id:bkawahara:20200609104751j:plain

 

写真仲間からは、「相変わらずお若いですねぇ。」と冷やかされましたが、公共心の欠如した「日教組の馬鹿教え子」は大嫌いです。その後、その阿呆は見当たらずボコボコに出来なかったのは心残りとなり残念でした。しかし、空元気で威勢良く格好つけるが強そうな相手が本気になると、身内を捨てて逃げ去るとは「屑チョン」の様に、卑怯で見苦しい阿呆でした。

 

 

f:id:bkawahara:20200609104855j:plain

f:id:bkawahara:20200609104907j:plain