河原文翠の日々是好日

降っても 照っても 日日是好日。泣いても笑っても 今日が一番いい日。

香川県園芸総合センター その2


         香川県園芸総合センター その2
                                         

                                                      〒761-1401  香川県高松市香南町岡1164-1

 

高松空港近くにある香川県園芸総合センターです。

県の施設の為か、無料で見学出来ます。見学も自由のようで受付などもなく、勝手に見ることが出来ました。温室では様々な花が咲いており、屋外でもロウバイが満開でした。梅園の方も一部では満開の花もあり、HPでどの梅の花が満開であるかを公開しているので事前に確認出来ます。沢山の方が思い思いに見学して休日を満喫していました。

 

f:id:bkawahara:20200216090724j:plain

f:id:bkawahara:20200216090737j:plain

f:id:bkawahara:20200216090750j:plain

f:id:bkawahara:20200216090803j:plain

f:id:bkawahara:20200216090818j:plain

f:id:bkawahara:20200216090830j:plain

f:id:bkawahara:20200216090843j:plain

f:id:bkawahara:20200216090857j:plain

 

香川県園芸総合センター その1


          香川県園芸総合センター その1
                                                 

                   〒761-1401  香川県高松市香南町岡1164-1

 

高松空港近くにある香川県園芸総合センターです。
あまり知られていないが、色とりどりの花が通年で咲き誇っている。勿論、オリーブや盆栽もあります。のんびり花を鑑賞するのに最適な場所です。

今回は、梅園で楽しい一時を過ごしてきました。

 

f:id:bkawahara:20200214110641j:plain

f:id:bkawahara:20200214110654j:plain

f:id:bkawahara:20200214110706j:plain

f:id:bkawahara:20200214110719j:plain

f:id:bkawahara:20200214110732j:plain

f:id:bkawahara:20200214110747j:plain

f:id:bkawahara:20200214110800j:plain

f:id:bkawahara:20200214110817j:plain

 

「蝋梅」


                                      庭の花々

 

              「蝋梅」(ろうばい)

 

中国原産の落葉樹であり、早生種では12月頃に、晩生種でも2月にかけて半透明でにぶいツヤのある黄色く香り高い花がやや下を向いて咲く。蝋梅の名は、半透明でにぶいツヤのある花びらがまるで蝋細工のようであり、かつ臘月(ろうげつ:旧暦12月)に咲くことに因むという。

 

   花言葉は、
       『ゆかしさ』『慈しみ』『先導』『先見』 との由です。

 

f:id:bkawahara:20200212103447j:plain

f:id:bkawahara:20200212103459j:plain

f:id:bkawahara:20200212103512j:plain

f:id:bkawahara:20200212103522j:plain

f:id:bkawahara:20200212103534j:plain

 

クリスマスローズ-2


                                          庭の花々

                               クリスマスローズ-2


温暖な地域であれば、2月から咲き出すクリスマスローズは、早春の庭づくりに欠かせない花です。 キンポウゲ科宿根草で、よく学名のヘレボルスでも呼ばれます。
クリスマスローズとは、本来、ヘレボルス・ニゲルの英名で、12月にバラのような花を咲かせることから名づけられました。

 

クリスマスローズ花言葉は、
「追憶」・「私を忘れないで」・「私の不安を取り除いて下さい」・「慰め」・「スキャンダル」、、、etc

 

f:id:bkawahara:20200210111024j:plain

f:id:bkawahara:20200210111037j:plain

f:id:bkawahara:20200210111050j:plain

f:id:bkawahara:20200210111102j:plain

f:id:bkawahara:20200210111113j:plain

f:id:bkawahara:20200210111126j:plain

f:id:bkawahara:20200210111137j:plain

 

 クリスマスローズ-1


                                                 庭の花々

                                      クリスマスローズ-1


小生宅は、猫の額ほどの狭い庭ですが、家人が花が大好きで「花満開」を楽しんでいます。特に、クリスマスローズに凝っておりニゲル種と交配種を問わず育てています。
その一部をご披露します。

 

f:id:bkawahara:20200208111913j:plain

f:id:bkawahara:20200208111926j:plain

f:id:bkawahara:20200208111938j:plain

f:id:bkawahara:20200208111949j:plain

f:id:bkawahara:20200208112002j:plain

f:id:bkawahara:20200208112014j:plain

f:id:bkawahara:20200208112027j:plain

 

今月の万葉集


                                                        2020年
                                                  万 葉 集
                                                   季 節 の 和 歌

 

f:id:bkawahara:20200206110531j:plain

 

 

                                           2月 如月(きさらぎ)

                                                         石走る
                                       垂水の上の
                                       さわらびの
                                     萌え出づる春に
                                     なりにけるかも
                                                                                                  志貴皇子

 

          現代語訳
                                             岩の上をほとばしり流れる
                                             垂水のほとりの さわらびが
                                             萌え出る春に なったなあ

      

「立春」


        立春から一年のスタート。
            立春大吉」で厄よけのおまじない

 

2月4日は二十四節気の最初の節気「立春(りっしゅん)」で、春の始まりです!

 

f:id:bkawahara:20200204104617j:plain

 

旧暦では立春近くに正月がめぐってきたので、一年のスタートの時。そのため、冬の寒い時季の正月に「迎春」「新春」などのことばが使われるのです。「八十八夜」「二百十日」などの雑節も、立春が起点になっています。

 

f:id:bkawahara:20200204104702j:plain

f:id:bkawahara:20200204104715j:plain

 


立春の早朝、禅寺では厄よけのために門に「立春大吉」と書いた紙を貼る習慣があります。この文字は縦書きにすると左右対称になることから、縁起が良く、一年間災難にあわないというおまじないになりました。厄よけとして「立春大吉」の紙札を貼る家もあります。

 

f:id:bkawahara:20200204104752j:plain

f:id:bkawahara:20200204104805j:plain


また、七十二候では「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」になります。「東風(こち)」とは春風を表す代名詞で、春の風が川や湖の氷を解かし始める頃だという意味です。ただ、春はやさしいそよ風ばかりではありません。立春から春分の間に初めて吹く強い南風を「春一番」といいます。気象庁では風速8m以上の風が吹き、前日より気温が上がった時にこの名を使います。