河原文翠の日々是好日

降っても 照っても 日日是好日。泣いても笑っても 今日が一番いい日。

酔眼朦朧


                                   四 字 熟 語


                                       酔 眼 朦 朧

                       お酒を飲み過ぎるとこうなる
酔って目がとろんとして、物がボーッと見える。こういう状態を酔眼朦朧という。私は全く酒が飲めないから酔眼で物を見たことはないが、ほんとに二重三重にダブって見えるらしい。このあたりが最高の酔い心地でそれを超えると赤信号だ。

泥酔は論外としても、酒に酔って前後不覚になるのは見苦しい。酒が漢詩の主題なのはご存知の通りで、この四字熟語も宋の詩人素食の詩による。この程度の酔いなら経験してみたいものだ。

酔生夢死という言葉をご存知だろうか? 人は何にか価値のあることをして一生を遅れという前置きで、「酒に酔い夢を見るような人生はイカン。何に一つ価値あることをしない無意味な一生は人間として恥ずかしい。そういう生き方を酔生夢死という。」と若いころお説教されたものだ。

 

f:id:bkawahara:20211020080427j:plain

 

時代錯誤


                                          四 字 熟 語


                                                 時 代 錯 誤

 

他人を批判する時には便利な言葉で、「そりゃ君、時代錯誤だよ」と片付けてしまえば、なんとなくこっちが正論めいてくる。

時代遅れの古い考え、慣習、行動など引っくるめて、時代錯誤というレッテルを貼ってしまうのはいかにも現代風だが、本当に時代錯誤かどうかを判定するモノサシは人によって立場によっても違うので、あまり安易に使わないほうがいいと思う。

かつてバブル全盛期には堅実な預貯金など時代錯誤もはなはだしいと馬鹿にされたものだが、バブルが崩壊して株や土地の値段が急落してみると、堅実貯蓄の方が良かったという声が強くなった例もあるのだ。

 

f:id:bkawahara:20211015074117j:plain

 

人跡未踏


                                     四 字 熟 語


                                           人 跡 未 踏

 

旅行記などの宣伝文に、人跡未踏の秘境にわけいる、なんてコピーがあって胸を躍らす読者もいるのだが、テレビのやらせ番組などが、マスコミの話題を賑わすにつれ、どうも人跡未踏も怪しくなってきた。

今までに人が足を踏み入れた跡の全く無いこと、これが人跡未踏だか、そういう未知未開のところが果たしてどれだけあるだろう。宇宙にまで足を踏み入れる時代は、どこへ行っても人跡だらけだ。文字通りの秘境などは今どき無いといっていいから、せめて “人跡まれな” 山深い里、という程度の使い方が無難であろう。

前人未到という四字熟語もあるが、これはこれまでに誰も到達できなかった、到達していないということ。前人未到の快挙といえば、ヒマラヤ制服を思い起こす。

 

f:id:bkawahara:20211010083629j:plain

 

 

羊頭狗肉

 

                                    四 字 熟 語


                                           羊 頭 狗 肉

 

羊頭を懸けて狗肉を売る」を省略したのが羊頭狗肉である。
羊頭とは羊の頭、看板にはそれを掲げ羊の肉を売ると見せかけて、実は狗(いぬ)の肉を売れば、これはインチキの悪徳商法だ。狗は犬のことだが、中国には犬という文字がなく狗と書く。香港や台湾で“熱狗”という文字を見かけたら熱のある犬ではなく、ホットドックのこと、ホットドックを中国化すれば熱狗となる。

そこで羊頭狗肉だが、看板に偽りあり、見せかけだけ立派で内実がともなっていない、いわゆる有名無実で外面と内容の不一致を揶揄した四字熟語である。ただし狗肉と同じ音の苦肉をあてはめ、羊頭苦肉と書いてしまう人がいるのは要注意。

 

f:id:bkawahara:20211005114701j:plain

 

君子豹変


                                      四 字 熟 語


                                           君 子 豹 変

 

節操もなく考えがころころ変わるような人を君子豹変と責め、変わり身の早い言動でずるく立ち回る要領のいい人を、あいつも君子豹変か、とあきれたりする。
だからこれは悪いイメージの四字熟語と思うのが普通だが、本来の意味は正反対に近い。君子とは漢文で習った通り、立派な人格者のこと。そういう人は悪いとわかれば過ちをすぐに改めて、善に向かうきっぱりしたものがある、はっきりきちんと悪いところを改めるのが君子だ、これがもともとの君子豹変の意味だった。
豹変という以上、豹の表皮の斑文がはっきりとめだっているように、物事が明快に変化することを豹変というのだから、これは悪い意味ばかりだとは言いにくいのだ。

 

f:id:bkawahara:20210930091534j:plain

                                                                                                                     

猪突猛進


                                  四  字  熟  語


                                         猪  突  猛  進

 

猪は後退を知らずただひたすら前進するそうで、人間もあとさきのことを考えずにただまっしぐら目的目標に向かって突っ走ることがある。
こういう向こうみずな突進主義を猪突猛進という。性格にもよるが、若いうちは誰にもこの傾向がある。歳とともに猪突猛進しなくなるのは、自分や自分を取り巻く状況がわかってくるからで、世の中を知らぬ者の強みがあればこそ猪突猛進も可能といえる。

ただ男女関係だけはどうもままならぬもので、いい年をして好みの女性に猪突猛進してしまう場合がある。わき目もふらず単刀直入に当たって砕けるのは若さの特権だが、中年を過ぎてこれをやると、家庭を失い地位を失って世間のもの笑いとなる。
現代は若者ですら、猪突猛進タイプが少なくなった

 

f:id:bkawahara:20210925105710j:plain

 

不老長寿

 

                                          四 字 熟 語


                                               不 老 長 寿

 

この世で避けて通れぬもの二つ、それは死と税金だとという名言があるが、いつまでも老いずに元気で長生きしたいのは人情の然らしむるところ。古来、不老長寿の妙薬を求めて王侯貴族は苦労した。

私のまわりでも、卒寿、白寿の祝いがある。卒寿は90歳のお祝い、白寿は百に一つ足りない99歳のお祝いというわけだが、そんなに長生きしても疲れるだけだな、という思いも一方にあるし、出来るだけ元気で長生きして時代の移り変わりを見てみたいとという欲もなくはない。

とすれば、不老長寿の四字熟語こそ敬老の日にふさわしい贈りものであろう。

 

f:id:bkawahara:20210920082727j:plain