河原文翠の日々是好日

降っても 照っても 日日是好日。泣いても笑っても 今日が一番いい日。

敗戦の日に想う

敗戦の日に想う。 本日を我が国のマスゴミは、「終戦の日」とか「終戦記念日」と詐称するのを常としますが、歴史的事実は紛れもなく「敗戦」です。 しかしいつまでも、終戦記念日と呼び続けるのは、敗戦でなく終戦と呼ぶ事で、自分達の利益を守っている輩が…

お盆

お盆は先祖の霊の里帰り。 夕暮れに蜩の鳴く頃 8月12日から七十二候では「寒蝉鳴(ひぐらしなく/かんせんなく)」になります。「寒蝉」とは秋を告げる蝉のことで、蜩(ひぐらし)が鳴き始めるという意味。蜩が「カナカナ・・・」と鳴くのは、日の出前や日の…

今月の万葉集

2020年 万 葉 集 季 節 の 和 歌 8月 葉月(はづき) 夏野行く 子鹿の角の 束の間も 妹が心を 忘れて思へや 柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ) 現代語訳 夏の野を行く 雄鹿の短い角の様に ちょっとの間も そなたの心が 忘れられようか

「立秋」

二十四節気「立秋」。 優雅な扇子使いで涼やかに 8月7日は「立秋」。二十四節気のひとつで、この日から立冬の前日までが暦の上では秋となります。暦の上では暑さのピークが過ぎるので、立秋以降の暑さを「残暑」といい、「暑中見舞い」も「残暑見舞い」に変…

原爆の日

「原爆の日」に想う 「安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませぬから」という原爆死没者慰霊碑の碑文は、被害者である日本が「過ち」を犯したかのような文言となっており、改めるべきではないか。 広島市の(回答)原子爆弾は、街を一瞬のうちに壊滅させ…

かき氷

夏の風物詩-1 「かき氷」 かき氷(かきごおり)とは、氷を細かく削るか、砕いてシロップ等をかけた氷菓。餡やコンデンスミルクをかけたものもある。氷は古くは「かんな」などで粒状に削ったが、現在は専用の機械を用いる。また市販品として、カップに細か…

ゆきもと農園

ゆきもと農園のかき氷 ゆきもと農園(愛媛県西条市丹原町)は、イチゴとぶどうを栽培しており、オリジナルスイーツが話題の観光農園です。4月上旬〜5月末までは「いちご狩り」、8月上旬〜9月下旬は「ぶどう狩り」で賑わっています。今の時期は、「いちごのかき…

ひょこたん池

ひょこたん池の向日葵 愛媛県の仲間に誘われて「ひょこたん池公園」へ行って来ました。ここは「桜」と「向日葵」で有名なこぢんまりとした公園で、彼等が昨年に撮った「向日葵」に魅せられての遠征です。暑いのは覚悟していましたが、それにしても暑かったで…

こんにゃく橋

神山町こんにゃく橋 写真は、徳島県名西郡神山町神領に架かっている「こんにゃく橋」です。洪水で流されても良いようにロープを結んだだけの一枚板の橋、渡るとフワフワプニョプニョ、まるでこんにゃくと云うことで、通称こんにゃく橋。自然に逆らわないスタ…

「土用」

雑節、夏の「土用」。夏バテ防止の知恵と土用干し 昨日から雑節の夏の「土用」に入りました。土用とは、立春、立夏、立秋、立冬前の18日間(または19日間)のことを指します。季節の変わり目に土用があり、昔はさまざまな禁忌や風習がありましたが、夏の土用…

お盆

先祖の霊を迎えるお盆。一般化したのは江戸時代から 7月15日はお盆。お盆の行事は全国各地で行われるものですが、地域によって時期が違います。旧暦では7月15日でしたが、新暦の今は8月15日の月遅れのお盆が中心です。新暦から旧暦に変わるときに「月遅れ」…

「蓮始開」

七十二候「蓮始開」。早朝に清らかに開く天上の花 7月12日から七十二候の「蓮始開(はすはじめてひらく)」。 蓮の花が咲き始める頃です。 優美で清らかな蓮は天上の花にたとえられ、お盆には欠かせません。7月15日にお盆をする家では、蓮の花や葉で盆棚を飾…

みろく自然公園の蓮

「みろく自然公園の蓮」 早いもので今年も半分が過ぎ去り、後半戦の開始ですね。それを記念して(?)、香川県さぬき市大川町の「みろく自然公園の蓮」を撮りに3年振りに行ってきました。 蓮は「早寝早起き」とのことで、普段よりも早く起き寝ぼけ眼で駆け付け…

七夕

五節供の一つ「七夕」。七夕料理は涼やかなそうめんで 7月7日は、五節供のひとつ「七夕」。別名「笹の節供」「星祭り」といわれる七夕は、江戸時代に五節供のひとつになり、今でも広く親しまれています。七夕の由来は、中国に伝わる織姫と彦星の星物語に始ま…

今月の万葉集

2020年 万 葉 集 季 節 の 和 歌 7月 文月(ふみづき) 天の海に 雲の波立ち 月の舟 星の林に 漕ぎ隠る見ゆ 柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ) 現代語訳 天の海に 雲の波が立ち 月の舟は 星の林に 漕ぎ入り隠れようとしている

半夏生

田植えを終える「半夏生」。行事食のひとつは「たこ」 7月の和風月名は「文月(ふみづき、ふづき)」。七夕の短冊にちなみ「文披月(ふみひらきづき)」と呼ばれ、そこから転じて「文月」になったといわれます。また、旧暦の7月は稲穂が膨らむころだったので…

堤あじさい園

堤あじさい園(愛媛県四国中央市土居町) 60種3000株のあじさいが30アールの庭園に咲き乱れる堤あじさい園です。何とここ、個人(堤さん)のお宅で無料開放されてるんだからありがたい庭園です。 お話を聞くと、31年前、奥様が庭に挿し木をしたのを機に隣接…

水車

高知県四万十市中村の安並の水車群 水車(すいしゃ)は、川などの水流の力で回転する一種の原動機です。電動機や蒸気機関が普及するまでは、揚水・脱穀・製粉・製糸などに広く使用されていました。現在でも少数ながら水田の揚水用などで見ることができます。…

今月の万葉集

2020年 万 葉 集 季 節 の 和 歌 6月 水無月(みなづき) 大野らに 小雨降りしく 木の下に よりより寄り来 我が思ふ人 柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ) 現代語訳 大野原に小雨がしきりに降っています 木の陰にたまには寄って来てください わたしの恋人よ

熊谷寺の紫陽花

熊谷寺の紫陽花 四国八十八ケ所霊場の第八番札所で、普明山真光院と号する熊谷寺です。ご本尊は千手観世音菩薩とのことです。自宅から近いのでよくお参りに行くのですが、今回は「紫陽花の撮影」も兼ねてのお参りです。 紫陽花は咲き始めで元気に咲き誇って…

よしうみバラ公園

「よしうみバラ公園」 今治市吉海町福田1292「よしうみバラ公園」へ今年も行って来ました。 「バラの撮影」と「直売所で苗木の購入」がお目当てです。詳しいアクセスは、瀬戸内しまなみ海道→今治IC →大島南IC → 約10分です。バラはほぼ満開でしたが、天気が…

庭の薔薇-2

庭の薔薇-2 薔薇と云えば、加藤登紀子の「百万本のバラ」を思い浮かべる方も多いと思います。 小生も、あの唄は「ロマンティストの男性と現実主義の女性」を見事に表現した名曲だと感服しているものです。しかし、あの「貧しい絵描き」の一時に賭けた心情…

庭の薔薇-1

庭の薔薇-1 1週間程前の「自宅のバラ」です。バラを育てる知識が殆ど無い小生ですが、それにも負けずバラは健気にも咲き誇ってくれました。感謝の一言です。

マイントピア別子-2

マイントピア別子-2 792-0846 愛媛県新居浜市立川町707-3 この時期は、芍薬(しゃくやく)が咲き誇っていますので、毎年の様に訪れていますが、今年は少し出遅れたかなとの感じでした。 また、ここでも大砲の様なレンズを付けた一眼レフを見せびらかしながら…

マイントピア別子-1

マイントピア別子-1 792-0846 愛媛県新居浜市立川町707-3 愛媛県新居浜市は、銅山開坑により栄えた住友財閥の城下町。現在は、緑地公園や観光施設が整備され、自然豊かな渓谷美にも出会えます。 松山自動車道・新居浜ICより車で15分、「道の駅・マイントピ…

神宮寺の牡丹

阿波市 『神宮寺の牡丹』 高野山真言宗、医王山 神宮寺(じんぐうじ) 阿波北嶺薬師霊場一番札所 住所:〒771-1507 阿波市土成町吉田一の坂9 今年も神宮寺に行って来ました。はじめは50鉢だったという牡丹も、今や約150種・400株(鉢植え含む)が植栽されて…

世羅のとうふ家

世羅のとうふ家 世羅本店 今回も「世羅撮影行」の最終日の昼食は、「世羅のとうふ家 世羅本店」です。場所は世羅町西上原・元ヤマザキショップ(コンビニ)があった場所です。入店し右手に物販コーナーがあります。手作りのお弁当や世羅町の大豆製品をメイン…

花夢の里

『Flower village花夢の里』 中四国最大の芝桜の花農園!! ”Flower village花夢の里”は、世羅町上津田にある芝桜とネモフィラが植えられた花農園です。ここは元々は”花夢の里ロクタン”と言う施設でしたが、開花不良や病害虫の問題を改善する為に、芝桜を植…

ポピーフェスタ

香山ラベンダーの丘「ポピーフェスタ」 広島県世羅郡世羅町別迫の「香山ラベンダーの丘」です。50万株のアイスランドポピーが標高500mの広大な丘を埋め尽くし、おとぎ話の世界に迷い込んだような風景を楽しめます。 ここは、ハーブやブルーベリーの摘みとり…

芦田川沿いの桜並木

世羅・芦田川沿いの桜並木で、お散歩お花見 広島県世羅郡世羅町の芦田川沿いに美しい桜並木があり、地元で花見スポットとして知られています。人通りも比較的少なく、のんびり過ごせるのでおすすめです。 世羅撮影会の定宿である甲山ホテルのすぐ近くを流れ…