河原文翠の日々是好日

降っても 照っても 日日是好日。泣いても笑っても 今日が一番いい日。

夏炉冬扇

      

                                      四 字 熟 語

 

                                   夏炉冬扇 (かろとうせん)

 

 

世の中に役にたたないものが果たしてあるのかないのか、答えは微妙でむずかしいところだが、夏の暖炉と冬の扇子は確かにその時季役にたたない。夏の暖房器具と冬の冷房装置と言い換えてもいいが、それじゃあまりに風流でなくなる。

 

やはりここは夏の暖炉と冬の扇子、すなわち「夏炉冬扇」は時季外れで無用の長物だから、役に立たないものを引っくるめて夏炉冬扇という。これも中国古典からきた言葉で、「以夏進炉、以冬奏扇」とうのが原文である。

 

私の友人に川柳好きがいて、色紙を頼まれたことがある。常々この友人は「川柳なんてのは夏炉冬扇のたぐいでね、何の役にもたたんと思っていたが、歳をとると、どうしてどうして川柳は役に立つ。人付き合いにも必要だし、自分の心の整理にも役立つ」と必要以上の効用を強調していた。

 

そこで私は荘子」から引用し、『無用の用』 と色紙に書いてみた。「世の中で無用なるがゆえに自分には有用だ」というほどの意味だが、やっと現代人も「無用の用」の価値がわかってきたように思う。